教育内容 |英語教育 教育内容 |英語教育

英語教育

1年生から週4時間(年間120時間)の授業

はつしば学園小学校では、子どもたちの未来を見据えて、英語教育をさらに推進しています。今年度より、新教材「GrapeSEED(グレープシード)」を西日本の小学校で初めて採用し、1年生から週4時間の英語授業を行っています。

英語で聴いて、英語で考え、英語で伝える

グローバル社会で活躍できる人材を育てたい。自分の考えや思いを英語で積極的に伝えられる人に育てたい。そのような思いを持って、未来を見据えて、挑戦しています。

英語はコミュニケーションツールの1つ

西日本で初めて、英語学習教材「GrapeSEED」を採用

  • 1年生で週4時間の英語学習
    (年間120時間)
  • 英語専用教室で、
    1クラス15名程度の少人数制
  • ネイティブによる
    オールイングリッシュの授業
  • 授業と完全にリンクした家庭学習
    (テキスト・CD・DVD)

学びの内容

低、中学年では「話す・聞く」を繰り返し、英語で考え理解する感覚を養います。高学年になるにつれ、講師や友達との対話を増やしながら、本を読んだり文を書いたりする活動を取り入れ、6年間で4技能をバランス良く習得することをめざします。

低学年

インプットを重視し、「聞くこと」と「正しくきれいに発音すること」を繰り返し学習します。歌を歌ったり、踊ったり、楽しみながら数多くの言葉を吸収し、頭の中で考えることなく、英語を理解する英語脳を育てます。

中学年

ChantsやStory、絵本などを通して、英語のリズムに親しみます。覚えた単語やフレーズを応用し、発表することで、自分の意見や考えを英語で表現できる素地を作ります。

高学年

文を読んで理解し、英語を使って積極的に会話表現を楽しみます。6年生は、外国人留学生と交流する中で、日本の文化を伝え、外国の文化を学びます。

GrapeSEEDは、50年にわたる現場で培われた英語教育のノウハウと、米国の語学学者や教育学者によって開発された英語教育カリキュラムです。第二言語として英語を学ぶための本カリキュラムは、今や、アジアパシフィックを中心に世界中で利用されるようになっています。現在、GrapeSEEDで60,000人の子どもたちが毎日英語を学んでいます。

  1. 英語習得の必須条件に
    沿って指導します!

    • 早期から開始1年生から英語教育を開始]
    • 学ぶ順序[母語と同じ、
      聞く➡話す➡読む➡書くの順]
    • かける時間週4時間、
      年間120時間以上
      を確保]
    • 学ぶ環境オールイングリッシュの授業]
  2. ネイティブスピーカーと通じる英語
    確実な脳への定着!

    日常会話の多くは、よく使われる単語「頻出語」で成り立っています。この頻出語を中心に指導する事で、ネイティブスピーカーとの会話において、聞いて分かる、効率よく話す方法を身につけます。
    6年間で指導するユニットの中で何度も何度も重要な表現や語彙を繰り返して学び、脳への定着を促します。

  3. 無理のない自然な
    母語的学習法!

    語彙や表現をたくさん学んでも、正しい音を聞く力や、キレイな音を出す力がなければ英語は通じません。本校ではネイティブの英語講師が指導にあたり、バーバルスキル※1の基礎とも言える「正しい発音」を指導します。
    英語も母語と同様に、聞く事、話す事のできる言葉だけを、読んだり、書いたりする事ができます。GrapeSEEDでは、6年間の前半で、バーバルスキルの基盤を子どもに築き、後半では、口語指導を中心にしながらもランゲージアートスキル※2に比重を少しずつ移しながら指導します。

  4. 学校の授業と
    家庭学習の相乗効果!

    学校の授業は、リズミカルなチャンツやアクション、覚えやすいソング、楽しいストーリーなどが中心です。また、年齢に応じて、徐々にフォニックスやリーダー、ライターを取り入れています。
    学校の授業と完全に連動した児童用教材「REP」※3を子ども一人ひとりに提供します。REP(テキストブックやCDなど)を使って家庭で毎日学習することでさらなる脳への定着の効果が期待できます。
    学校の授業やREPの教材で使われている楽しいキャラクターやイラストは、子どもたちが興味を持って英語教育に取り組めるように作成されています。

※1 バーバルスキル…口から発する言葉によるコミュニケーションを行うための能力をいいます。

※2 ランゲージアートスキル…国語的な力を指し、一般的には、読む能力(リーディング能力)、書く能力(ライティング能力)をいいます。

※3 REP…Repeated Exposure and Practice の略で、反復体験を意味します。

国際教育 ~英語を活かせる様々な場~

授業の他にも、英語を使ってコミュニケーションを図る機会が年間を通じて多数あります。

修学旅行

立命館アジア太平洋大学の留学生と交流

レシテーションコンテスト

英語で物語の暗唱をします。
4年以上の希望者が毎年多数チャレンジしています。

短期海外留学型プログラム(希望者)

カナダ語学研修

ニュージーランド語学研修

トップへもどる トップへもどる
学校法人大阪初芝学園 学校法人大阪初芝学園 はつしば学園小学校
はつしば学園小学校
〒599-8125 堺市東区西野194-1 北野田キャンパス  [TEL] 072-235-6300 [FAX] 072-235-6302

Copyright(C) Hatsushiba Gakuen Primary School All Rights Reserved.