教育内容 |しつけ教育 教育内容 |しつけ教育

しつけ教育

他者の存在を意識して人間形成の基盤となる「しつけ教育」を進めます。

あたり前のことをあたり前に

他者の存在を意識して人間形成の基盤となる「しつけ教育」を進めます

あいさつ

出会う人と交わすあいさつは思いやりの心と円滑な交友関係を育みます。
「おはようございます」本校の一日はあいさつから始まります。「ありがとう」「おねがいします」そんなやりとりが学校中に広がります。

マナー

その時々に応じた言葉づかいを身につけます。
年上の人と話すときや、外国の人と話すときなど、その時々にふさわしい言葉づかいが出来るように指導し、基本的なマナーを身につけます。

集団活動のルールを学ぶ

思いっきり友だちと遊ぶことで集団活動でのルールを学びます。
よく学び、よく遊び、子どもは元気に育つ。恵まれた環境で勉強しながら、学ぶ態度や意欲を身につけます。また、遊びや学校生活を通して、友だちとの交わり方や集団活動のルールを学習します。

自問清掃

自律心や親切の心、創造性を育みます。
一言も話さずにする「がまん清掃」、互いに気を働かせてする「しんせつ清掃」、さらにきれいに出来るところをさがしてする「みつけ清掃」を通じて、自律心や親切心、創造性を育む取り組みです。

保護者の声

「基本的な生活習慣が、親子の信頼関係の支えに」

2人の息子たち、それぞれに小学校で過ごした6年間。あいさつや整理などの礼儀や、自らが考え行動することの大切さを、根気強くご指導してくださる先生方、一人ひとりが大切な存在であることを説くことで、自尊心を高めてくださる先生方に出会うことができました。
家庭だけでは伝えきれない一生の土台となる道徳心を育んで頂いたことにとても感謝しています。思春期を迎え心も体も大きく成長する中で、ゆっくりしっかりと積み重ねられた基本的な生活習慣が、親子の信頼関係の支えになっていることを実感しています。

Teacher’sVOICE

「あたり前のことをあたり前にする」

「思いやり」「礼儀」「公徳心」「正直」など、人が人として生きるために「あたり前のこと」があります。しかし、それを「あたり前にする」ことは、大変難しいことです。厳しい道のりではありますが、「教師に叱られる、褒められる。」などという物差しで動く子どもたちではなく、「あたり前のことをあたり前にする」子どもたちを育てることが、私たちの目標です。

生活指導担当 柴田 和也

トップへもどる トップへもどる
学校法人大阪初芝学園 学校法人大阪初芝学園 はつしば学園小学校
はつしば学園小学校
〒599-8125 堺市東区西野194-1 北野田キャンパス  [TEL] 072-235-6300 [FAX] 072-235-6302

Copyright(C) Hatsushiba Gakuen Primary School All Rights Reserved.