校長ブログ

2018年04月11日(水) 離着任式、始業式、対面式、生徒紹介

Mid.JPG High.JPG

 

 

 4月10日、中学の1限目はHR、2限目は記念ホールにて離着任式、始業式、対面式を行いました。中1は、3限目に宿泊研修説明会、HRで下校しましたが、中2~3は7限まで宿題(実力)考査を受けました。高校は1限目に体育館にて離着任式、始業式、対面式、1年は2〜3限目に宿泊研修説明会、オリエンテーション等、高2~3は2~7限まで宿題考査でした。
 対面式では中高の新入生、在校生共に力強く、立派な宣言をしていただき、とてもよいムードの交流会ができました。新任挨拶と始業式で私は、学園にとって生徒は"宝"、教職員は"財産"、これから生徒一人ひとりの夢の実現にむけて、"チーム初富"を合言葉に教職員が一丸となって全力でサポートすると話しました。また、新たな学校生活において、当たり前の当たり前にする"凡事徹底"の徹底に向けて「あ・じ・み・そ」(あいさつ、じかん、みだしなみ、そうじ)を奨励し、目標が決まればPD CAサイクルを回していく必要性についても触れました。

 kida1.JPG kida2.JPG

 ビッグ・ニュースとして、高校3年8組の喜田輪君がポルトガルで開かれる国際物理オリンピック(International Physics Olympiad)の日本代表に選ばれたことを紹介し、皆でその栄誉を称えました。国際物理オリンピックとは、1967年にポーランドのワルシャワで第1回大会が開催された物理の国際的なコンテストで、各国で選抜された最大5名の代表選手たちが参加し、理論問題・実験問題に5時間をかけて挑戦する難易度の高いものです。喜田君は、幼少期から数学や物理に興味があり、自発的に勉学に取り組んだそうです。また、英検1級も取得されており、お母様が英語で話しかけるなど、ご家庭のバックアップもあったと感謝していました。立派の一言に尽きます。国際物理オリンピックでは実力を発揮されることを期待しています。

トップへもどる
学校法人  大阪初芝学園 初芝富田林中学校・高等学校
〒584-0058 大阪府富田林市彼方1801番地  [TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.