受講生インタビューはこちら

高校3年生の受講生が語る
「はつとんゼミ」の魅力

「はつとんゼミ」の英語の授業でびっくりしたことがありました。

大学入試センター試験の英語に第6問Bという読解問題(各段落の要点を答える問題)があります。英語の1番最後の問題で、時間が足りなかったり、難しいと思い込んでいたりしたことから、その問題はしっかりと解ける人があまりいませんでした。

しかし、1回目の授業でその問題を解いた後、先生が短い時間で解くコツを教えてくださり、違う問題で解いてみるとクラスの大半が4問中4問正解になりました。

満点を取ったことにびっくりし、「違う問題でもう一度解きたい!」と、その問題を解くことが楽しいと思うようになりました。

自ら進んで問題を解きたいと思えるような解き方を教えてくださったり、英文に出てくる単語と意味が同じものを同時に教えてくださったりして、限られた時間をより意味のあるものにしてくださいます。

クラスの人数が多くても一人ひとりの質問に対応してくださり、満足するまで丁寧に教えてもらえます。

文法や長文読解、英作文などそれぞれを詳しく教えてくださるので得意分野がどんどん増えていくように感じます。

国公立大学の二次試験の予想問題をつくってきてくださることもあります。

私たちにわかりやすく教えるためにたくさん用意をしてくださり、明るく楽しい授業で2時間の「はつとんゼミ」はすぐに時間が経つように感じます。

この受験時期に「はつとんゼミ」があって本当によかったと思います。

「はつとんゼミ」の英語の授業でびっくりしたことがありました。

大学入試センター試験の英語に第6問Bという読解問題(各段落の要点を答える問題)があります。英語の1番最後の問題で、時間が足りなかったり、難しいと思い込んでいたりしたことから、その問題はしっかりと解ける人があまりいませんでした。

しかし、1回目の授業でその問題を解いた後、先生が短い時間で解くコツを教えてくださり、違う問題で解いてみるとクラスの大半が4問中4問正解になりました。

満点を取ったことにびっくりし、「違う問題でもう一度解きたい!」と、その問題を解くことが楽しいと思うようになりました。

自ら進んで問題を解きたいと思えるような解き方を教えてくださったり、英文に出てくる単語と意味が同じものを同時に教えてくださったりして、限られた時間をより意味のあるものにしてくださいます。

クラスの人数が多くても一人ひとりの質問に対応してくださり、満足するまで丁寧に教えてもらえます。

文法や長文読解、英作文などそれぞれを詳しく教えてくださるので得意分野がどんどん増えていくように感じます。

国公立大学の二次試験の予想問題をつくってきてくださることもあります。

私たちにわかりやすく教えるためにたくさん用意をしてくださり、明るく楽しい授業で2時間の「はつとんゼミ」はすぐに時間が経つように感じます。

この受験時期に「はつとんゼミ」があって本当によかったと思います。

「はつとんゼミ」は放課後(7〜8時間目)を使って開講される校内予備校です。対象は中学3年〜高校3年。1科目は週に1回100分で開講。夏期休暇中には集中講座、冬期・春期休暇中には小論文対策講座なども開講予定です。

2021年1月にスタートする「大学入学共通テスト」から、国公立2次試験対策までの「合格答案づくり」を徹底します。英語・数学を中心に、高校2年からは国語、高校3年からは理科も開講します。

「はつとんゼミ」の講師陣は大手予備校のなかでも人気の一流講師ぞろいです。受講予約が取れないような先生の講義を校内で受けられるのは大きな利点といえるでしょう。「はつとん」ならではの学びに大いにご期待ください。

「はつとんゼミ」の受講料は1科目年間で約25,000円(2019年度例)。大手予備校の約1カ月間の受講料で、1年間学ぶことができます。もちろん、参加は自由。外部の塾・予備校に通うこともできます。

2019年度中学3年の場合、1学期は水曜日と金曜日に数学と英語を開講しており、発展的な学びに取り組みたい生徒30名程度が受講しています。
予備校の先生方の指導ノウハウは学ぶことがとても多く、平常授業の参考にしたいと考えています。私たち教員も「はつとんゼミ」から学びながら大きく成長できると思います。

トップへもどる