合格実績

進路指導

進学に関する豊富な情報の提供から、将来どのような職業に就きたいかといったビジョン形成支援、また希望進路を実現するための実践力の養成まで、きめ細かな進路指導を行っています。なかでも受験直前期のサポートは圧倒的。教員による過去問対策をはじめ、大手予備校が提供する詳細な分析データをもとに合格可能性を高める進路指導を実現しています。

情報提供

進学講演会

大手予備校や教育関連企業から招いた講師による講演会です。大学入試の仕組みや受験への心構え、受験学習についての助言をいただきます。生徒と保護者がいっしょに将来を考えるための保護者対象の講演会も開催します。

出願検討会

センター試験の自己採点後、カリキュラム・マネジメント委員会を中心に出願検討会を実施し、合格率を高める適正指導に活かします。

ビジョン形成

職業研究・学問研究・
文理選択(高校1年)

高校1年では、将来の希望や適性から進路目標を定め、それを実現するために何をどう学ぶべきかを考えます。学問や職業の種類についても理解を深め、教員との懇談を重ねて2年になる前に文系・理系を選択します。

大学研究・入試研究・
志望理由書の作成(高校2年)

高校2年では文理にわかれ、進路をより具体的に描いていきます。大学新テストへの理解を深め、求められる力の修得をめざして日々の学習を進めます。大学をひとつ選び、志望理由書を作成し、自分の意思を再認識します。

実践力養成

私立大学・国公立大学二次対策
特別授業

高校3年の3学期に、難関私立大学、国公立大学二次試験に向けた特別授業を行います。授業では志望大学の入試問題演習を集中的に実施。問題形式や出題傾向などを改めて見直し、本番の試験に備えます。

小論文対策

高校1・2年では、現代社会を取り巻く問題についての意識を高め、自らの意見をまとめて文章にして表現する力の修得をめざします。高校3年では、志望校の入試に課される小論文を分析し、個別指導を受けます。

ー 現役合格へ導くサポートプログラム ー

東大見学会

中学3年生から高校3年生の希望者を対象に東京大学見学会を行います。東京大学のオープンキャンパス開催時に合わせ、本郷キャンパスの見学等を行います。また、期間中に本校を卒業した現役東大生等から大学でのキャンパスライフや研究内容を聞く交流会なども開催し、自らの将来を考える場とします。

他にも多彩な取り組みが
合格体験を聞く会 夢ナビライブ 模試の事前指導とフォロー
難関大学合格講座(希望者) ※各種プログラムの内容は変更されることがあります。

トップへもどる
学校法人 大阪初芝学園 初芝富田林中学校高等学校
〒584-0058 
大阪府富田林市彼方1801番地 
[TEL] 0721-34-1010 [FAX] 0721-34-1090

Copyright (C) Hatsushiba Tondabayashi Junior & Senior High School All rights reserved.