立命館コース普通科RITSUMEIKAN COURSE

立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)へ
提携校推薦で進学するコース

自主性 やるべきことを明確化し、自ら率先して行動する力を身につけます。/表現力 人として生きていくための、豊かな表現力を培います。/対応能力 特定の問題や状況に対し、対応し解決する力を養います。

進学の流れとコース概要

立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)に提携校推薦制度で進学するコースです。日本全国各地から、また世界70カ国・地域から学生の集まる立命館大学、学生の約半数が留学生である立命館アジア太平洋大学への進学に向けて、基礎学力、学び続ける力、中核となって活躍できる力を養います。

目指す進学先

  • 立命館大学
  • 立命館アジア太平洋大学(APU)

立命館コースのポイント

  • POINT
    01

    学校法人立命館との教学連携にもとづく
    提携校推薦制度

  • POINT
    02

    大学への学びにつながるカリキュラムと
    高大連携の行事

2019年度入学生より立命館コースに特別奨学金制度を導入しています。


コースの特長

  • ペアワーク、グループ学習、セミナー型の授業

    他と協働し、深く考え理解します。また発表の方法も学びます。

  • 英語教育

    グローバルイングリッシュキャンプ、TOEFL講座、大学入学前フィリピン英語留学、DCU・UBC留学プログラム(立命館主催)など。

  • 探求型授業

    課題研究、数理ゼミ(理系クラス)。

  • 大学入学前教育

    進学予定学部ごとの学習講座、卒業生との入学前懇談、理系進学者特別講座など。

  • プログラミング教育

    立命館大学情報理工学部教員によるプログラミング講座(1,2年生理系クラス)。

  • 高大連携の行事

    立命館との連携による約20の行事。

高大連携行事ピックアップ

立命館を知る

100年以上にわたる立命館大学の歴史を聴講。立命館の一員としての自覚を持ちます。

コース合宿

大阪いばらきキャンパス(1年)、衣笠キャンパス(2年)で実施する勉強合宿。実際の大学を体験しながら、学習に対しての前向きな姿勢を養います。

立命館DAY

総長講演、入学センター講演、理系学部模擬授業、学生の学部紹介、サークル紹介など、立命館のすべてが詰まったイベントです。


理系クラスの特長

国際社会で活躍できる理系人材育成

産業革命の第四の波「第四次産業革命」の到来の社会で、世界でリーダーシップを取るための資質を育てます。
地球温暖化対応でも防災、減災、持続的発展など地球的規模で貢献できるために、高度な知識・技能を背景に柔軟な思考、判断、コミュニケーション力を獲得できる人材育成を目指します。

理系クラスの学びポイント

  1. 数学と理科の徹底した指導
  2. 少人数での探求型数理ゼミの実施
  3. 長期休暇でのプログラミング入門講習の実施
  4. IT留学の実施(予定)

3年間のカリキュラム

国語 地理歴史 公民 数学 理科 保健・体育 芸術(選択) 外国語 家庭 情報 総合(地球市民) HR・特活 合計
国語総合 現代文B 古典B (学)国語演習 世界史B 日本史A 日本史B 現代社会 倫理 政治・経済 数学 数学 数学 数学A 数学B (学)数学演習 物理基礎 物理 (学)物理演習 化学基礎 化学 (学)化学演習 生物基礎 体育 保健 音楽 美術 コミュケーション英語 コミュケーション英語 コミュケーション英語 英語表現 英語表現 英語演習 家庭基礎 社会と情報
1年次文理共通 5 2 2 4 2 2 2 2 3 1 2 2 4 2 1 1 35
2年次文理共通 3 2 2 2 4 2 2 2 3 1 4 2 2 2 1 1 35
3年次文系 3 3 2 5 5 2 2 4 2 4 3 3 1 1 35
3年次理系 3 2 6 2 4 4 2 4 3 3 1 1 35

※それぞれの色で1つ選択
※このカリキュラムは2019年度入学生のものです。


独自のプログラムで大学での学びにつながる力を養う

立命館コースは研究や発表の機会が多くあり、自分たちで考え学ぶことを重視しています。そのため、企画、実行する力に長けており、文化祭などの学校行事でも活躍しています。教室や教養スペースで自然とお互いに教え合う場面もよく見かけます。同じ目標に向かって、提携校のメリットを最大限に活かしながら、大学進学に向けて十分な準備ができるコースです。


立命館コース 国語科
置田 あや子 先生